• モデルハウス来場予約
  • 資料請求

会社紹介

会社紹介

会社名 郷土建設株式会社
所在地 〒061-1431
北海道恵庭市有明町2丁目6-9
電話番号 0123-32-2828
FAX番号 0123-33-4439
代表者 代表取締役社長 中泉 孝彦
設立年月日 昭和40年(創業:昭和38年)
資本金 2,000万円
従業員数 41名
業務内容
  • 建築工事業
  • 土木工事業
  • 大工工事業
  • とび、土工工事業
  • 鋼構造物工事業
  • 舗装工事業
  • 内装仕上工事業
  • 水道施設工事業
事業許可
  • 特定建設業/北海道知事許可(特-24)石 第01240号
  • 一級建築士事務所/北海道知事登録(石)第1654号
  • 宅地建物取引業/北海道知事免許石狩(5)第5947号

沿革

昭和38年4月 創業 創業者 中泉 繁
昭和40年2月 郷土建設株式会社設立
  • 代表取締役 中泉 繁
  • 建築工事業・土木工事業
昭和46年2月 協力会社にて「ふるさと会」発足
昭和53年4月 新社屋現住所に移転
昭和53年7月 中泉 澄男 代表取締役に就任
昭和56年3月 一級建築士登録
平成6年2月 宅地建物取引業免許
平成23年9月 中泉 孝彦 代表取締役社長に就任
平成23年9月 中泉 澄男 代表取締役会長に就任

加盟団体・その他

  • 恵庭商工会議所
  • 恵庭市建設業協会
  • 恵庭まちづくり協同組合
  • 石狩耕親会
  • 北海道宅建協会
  • 恵庭地方職業能力開発協会
  • EARTH 21

歴史

我が社は、1963年、昭和38年に創業し、半世紀に渡って土木建築業として、地域と共に、お客様と共に、これまで歩んで参りました。創業時は故・中泉 繁の想いである「夢を創り、夢を造る」「明るい街づくりに貢献する」を理念に掲げております。
当時は住宅産業が盛んな時期で、毎日が建前、毎晩、ジンギスカン鍋を持ってお祝いしていたという話があります。創業時から「住宅」が核の事業であったということです。

その後は2代目・現会長・中泉 澄男に経営のバトンを引継がれ、長きに渡り、郷土建設株式会社を牽引することとなります。多額の負債を抱え、日本の高度経済成長、バブル期を境に返済を終え、その後は無借金経営を実現させてきました。公共事業の増加も影響し、会社全体としても軌道に乗っていた時代であります。その中でも、原点である「住宅事業」を途切らすことなく運営してきております。これまで数多くの大型物件を実績として残し、経験を積み上げてきたこと、そして、技術を磨きあげてきたことが、賜物になってきました。だからこそ、これまでの間に培ってきた技術が多岐に渡り駆使され、現在の住宅に活かされているのだと自負しております。
結果として、我が社の総合力が顧客からご支持を頂き、地域から必要とされ、社員、取引会社に安心を持たれる郷土建設株式会社へと成長、発展へつなげることができました。

時は流れ・・・

平成23年9月、中泉 孝彦が3代目社長に就任。
これまで、先代によって築き上げられた想い、郷土建設のカタチを受け継ぐ覚悟。そこには、決断と責任が求められます。また、目まぐるしく変わる時代背景を敏感にキャッチし、バランス感覚を常に養い、現在に至っております。

今になっても変わらないこと。それは50年以上の歴史があります。そして、その裏側には、職人、社員の顔があり、たくさんのお客様に支えられてきた実績と信頼があります。
住宅事業を見据えた時、一生に一度の買い物、高額な商品であることに違いはありません。多額な支払いが生じる。これはお客様にとって非常にプレッシャーのかかることです。だからこそ、期待を裏切ってはいけないと考えます。満足以上を提供し続け、少しでも多くの感動を贈り続けることが使命であります。

家づくりをしていく上で、自分らしく、後悔してほしくないという考えが前提にあります。
また、それぞれのご要望、求める価値がお客様によって異なります。その想いを実現していくためには、ひとりひとりのお客様と真剣に向き合い、納得するまで相談していく姿勢が何より必要となります。家づくり相談をしていく中で、必ずと言っていい程、様々な問題にぶつかります。その問題解決へ向けて、全力でサポートし、家づくりへ向けての心づくしとお手伝いをさせていただくことをお約束致します。

これからも郷土建設株式会社は家づくり、街づくりに貢献し、永続的発展企業として、地域と共に、お客様と共に歩んで参ります。

表彰等

PAGETOP